Hashhub Lending
Hashhub Lending

年間の最大貸借料率14%

暗号資産(仮想通貨)で新しい時代の資産形成を

Hashhub Lending

※こちらは正式リリース版のイメージ画像となります。

HashHub レンディングは、国内最高年率の貸し暗号資産(仮想通貨)サービスです。ユーザーの皆様に安心して使っていただけるセキュリティや内部体制を整えながら、魅力的な年率を提案していきます。

現在は先行リリース版として機能を限定して提供しており、使いやすいダッシュボードなどを備えた正式リリース版を2021年夏頃にご案内する予定です。

HashHub Lending 3つの特徴
Hashhub Lending
Hashhub Lending

01

特徴1: 国内最高水準の高年率

HashHub レンディングの年率は国内最高水準です。

類似サービスと比較して、より高い魅力的な年率で資産の活用ができます。

Hashhub Lending
Hashhub Lending

02

特徴2: 毎月の自動更新 解約手数料なし

HashHubレンディングでは、長期間のロックアップや解約手数料が発生しません。

契約は1ヶ月ごとの自動更新です。会員様はいつでも引き出し申請をでき、申請してから翌月末までがレンディング期間です。

Hashhub Lending
Hashhub Lending

03

特徴3:最短翌日からすぐに利用開始できる!

HashHubレンディングは、簡単5分の申込みをして最短翌日からレンディングを開始できます。暗号資産を送付した翌日から貸借料率適用です。

現在の賃借料一覧(2021年5月現在)

貸し出し資産に対して毎月貸借料が付与されて、自動で再貸し出しされます。

掲載する年率は再貸し出しの複利的効果を考慮した年率です。

HashHubレンディングが信頼される理由
Hashhub Lending

資金取り扱い方針やリスクに対する考え方の開示

HashHubレンディングでは、資金取り扱い方針や内部犯行対策の考え方の開示を可能な範囲で行っております。 リスクを最小化するために様々な取り組みを行っております。

Hashhub Lending

不正引き出しを防止

ユーザーによる成りすまし等による不正引き出しを防ぐ設計を行っています。暗号資産の引き出しは、初回登録時に指定した暗号資産アドレスか、再度本人確認をして指定した暗号資産アドレスのいずれかにしか送付できません。

Hashhub Lending

BitGoによるウォレットとカストディ

HashHubは採用しているBitGoのシステムは、50か国以上、400社以上の機関投資家に採用されています。 BitGoカストディは、KYC/AMLコンプライアンス管理、独立したシステム監査、銀行レベルの鍵管理セキュリティ、最大約750億円のデジタル資産の保険など世界で最も高い基準に適合しております。

ご利用の流れ

1. お申し込み

商品特性を理解し、利用規約に同意していただいた上でお申し込みいただきます。

2. 暗号資産の送付

弊社が指定する暗号資産貸し出しアドレスに暗号資産を送付していただきます。

3. 契約の開始

弊社にて貸し出しトランザクションを確認したことを通知し、その通知をもって契約開始となります。トランザクションが規定の承認数に達した日時の翌日から貸借料付与の対象となり、各月の貸借料は翌月の1週目を目処に付与されます。

4. レンディング期間

お申し込み直後の契約は入金を確認した日の翌日から翌月末日までが期間となります。返還申請をされた場合は、申請数量の暗号資産を翌月末に返還します。

5. 契約の自動更新

契約は1ヶ月ごとに自動更新されます。貸借料率は各月で変更される可能性があり、変更がある場合は、翌月の貸借料を2週間前までに通知します。

ニュースリリース
眠っている暗号資産を貸し出しして、資産を増やしましょう!

HashHubレンディングは、暗号資産を貸し出しするだけ!のシンプルなサービスです。BitcoinやEthereumをはじめとした新しい資産クラスで最大限効率的に資産を増やしましょう。